初夏の癒し

 

どうもどうも川渕です。

 

唐突ですが、みなさん疲れてませんか?日々の仕事や、家事や育児、それはもうストレスが半端ないことになっていることでしょう。

 

しかし人間ですから、生きていれば疲れを感じる時、ストレスを感じる時、そんなのあって当然なわけですよね。

 

となるとそういった疲れやストレスともうまく付き合っていく、もしくはうまく発散していく必要が出てくるわけですが、みなさんはどのように過ごしておいででしょうか。

 

SNSで愚痴を言う、自らの腕毛や指毛を食べる、海へ行く、暴飲暴食をする、など様々あることでしょう。一番健康的なところでは、身体を動かして汗をかく、といったところでしょう。

 

川渕的ストレス発散法

 

今回はぼくなりのストレス発散法をお伝えしていきます。

 

マンガで現実逃避

 

ぼく個人としましては、「漫画をはじめとした書籍に逃げる」というところは割と王道なストレス発散法です。本に集中することで本の世界観に入り込み、現実を忘れることができるといいますか。

ちなみに割と最近読んで面白かった漫画はこれです。

 

「ブルーピリオド」

 

勉強もできて、コミュ力高めの高校生、矢口八虎が日常に虚しさを感じてる中、一枚の絵に心を奪われたことをきっかけに美大を目指す話でして、登場人物たちが個性あふれるキャラが多く、主人公をはじめみんな人間くさい感じがいいです。

 

登場人物たちがひたむきにまっすぐに、悩んで葛藤して、といった受験や青春、思春期感溢れる感じが、なんとも感情移入しやすい作品ですよ。

 

なにを描きたいのか、作品を通してなにを伝えたいのか。」

なんかこう、人生そのものにも通じるなあと思いながら、4冊一気に読んでしまいました。

 

ぼく自身アートのことなどさっぱりですが、芸術ノウハウやウンチクが具体的に書かれていたりするのもまた魅力のひとつ。

 

おすすめなのでぜひ読んでみてください。

 

交互浴でととのえる

 

他に外せない、ストレス発散、疲れを癒す方法としては、やはり「サウナと水風呂の交互浴」ですよね。数年前からネット上で交互浴が話題になり、多分ぼくはヨッピーさんというライターさんの記事とか読んでからハマり出したと思うんですが、ここ1、2年でのサウナブーム、もとい交互浴ブームはすごいなと思います。

 

一方で銭湯とか温泉行ってもサウナは入るけど、水風呂は苦手、、という方がおそらく結構いらっしゃるんじゃないかなと思うんですよ。かくいう自分も数年前まではそうでした。

 

確かに冷たいし、なぜ水風呂があるのか意味がわからないとお思いのことでしょう。しかし、水風呂の魅力を知ってしまった今だから声を大にして言いたいんですが、サウナ入って水風呂入ると、もうめっちゃ「ととのう」んですわ

 

「ととのう」ということがどういうことなのか、それに関しては以下の「マンガで読むサウナ道」にあかるいので、とりあえず読んでみてください。サウナ、水風呂の魅力が凝縮された作品です。

 

 

ともかく、一度「ととのう」ことを体験してしまうと、この交互浴が病みつきになってしまうこと、間違いありません。

 

基本的なルーティーンとしては、

サウナ→水風呂→休憩

となります。特に休憩中にぼくの場合はととのう感覚になりますので、休憩を挟むの超絶大事です。

 

それぞれ何分入ればいいとか、ネットに色々と書かれてますが、個々人の自由で割といいんじゃないかなと思う派です。無理するものでもないですしね。

ただ水風呂は1分程度にしておくべきかなと思います。あと水風呂に入ったらジッと動かないことが肝要かと。身体にあったかい膜みたいなものを感じる瞬間があるので、この辺の感覚はやったらわかります。

 

ともかくルーティーンを2、3回繰り返してみてください。すると、もうめっちゃ気持ちいいですし、めっちゃ寝れますし、めっちゃ疲れ取れますし、めっちゃ世界が輝いて見えます交互浴を国民の義務にしてしまえば、変な争いはなくなるんじゃないかと思うほどです。だって大体のことがどうでも良くなるくらい「ととのう」んで。

 

しかしながら、毎日毎日銭湯やサウナに通うのも時間的にもお金的にも厳しい!って感じですよね。自宅でも「ととのう」に近い感覚を味わいたい方にオススメしておきたいのが、最近お気に入りのこちらの入浴剤です。

 

 

先日SNSでフォローしている交互浴好きの人がシェアしてまして、速攻でポチった商品です。9錠入り、30錠入り、90錠入りと選べます。

 

自宅でもよくお湯に浸かるって方にはオススメでして、3錠ほど入れた浴槽に15分ほどゆっくり浸かると、身体が芯から温まりまして、今の季節なら夜がまだ涼しいので風呂を出たあとに窓際で外の風を浴びると結構ととのいます。ぐっすり深く眠れる気もしますし、あと肌がめっちゃスベスベになるので、女性にもいいんじゃないかなと。

 

自宅で気軽にととのえるので、サウナーの皆さんは必須アイテムじゃないでしょうか。

 

やっぱ自然。初夏の癒しといえば

 

とはいえ、やはり「自然の中に身を置く」ということも癒しを感じる上で大切なことじゃないでしょうか。キレイな川や海、満点の星空、澄み切った青空、心地よい風、、、自然の力には敵いません。

 

特に初夏のこの季節、日中は暑くなることはありますが、割と朝晩は過ごしやすい気持ちのいい気候です。

 

そんなこの季節が大好きなのは人間だけではありません。こんな季節にしか姿を現してくれないものもいるんです。

 

そうです。この季節といえば、ホタルホタルの季節なわけですよ。

 

淡く、儚い光をはなち、見るものを魅了してくれるホタル。そんなホタルですが、我が地元綾部でもよく見ることができ、過去にも何度か記事にしました。

 

実際数年前には綾部の上林(かんばやし)で開かれる「ほたるの夕べ」という催しにも参加し、たくさんの人と一緒にホタルの光を楽しんできました。

 

ほたるの夕べに行ってきた。

2016.06.12

ホタルの季節です。綾部にも名所がありますよ。

2016.05.29

 

余計な音や光が何もない中で光るホタル。なんとも幻想的で見入ってしまいます。

 

都会では味わえない癒しをぜひ、綾部で感じていただければと思います。

 

そんなほたるの癒しと旬の食材やビールも楽しめるであろう「ほたるの夕べ」ですが、今年は6月8日(土)16:30〜21:00に開催されるようです。当日は屋台や何かイベント的なものもあるかと思いますので、ぜひ。

 

詳細はこちら

 

久々に綾部ネタも少し書けました。

 

ほなまた。

 

前の記事

6月はサッカー三昧!DAZNが必須になりそうです。

2019.05.31

 

~綾部弁の綾もんLINEスタンプ好評発売中~  

http://line.me/S/sticker/1275824

 

~綾もんTシャツ好評発売中~  

ご注文はコチラから  

コメントを残す