櫻井くん改造計画 ファッション編〜夏の陣〜

 

どうもどうも川渕です。

 

ご無沙汰しております。

 

突然ですがこちらの画像をご覧ください。

 

 

 

見え覚えのあるお方は、なかなかに稀有なブログ読者様であるとお見受けいたします。

 

「忘れてしまった」「そもそも知らん」という方は、下記記事をご覧あれ。

 

櫻井くん改造計画 ファッション編

2018.11.27

 

改めて説明しておきますと、櫻井くん改造計画ファッション編とは、ファッションに疎い櫻井くんを匠の力でオシャレに劇変させ、ダサいアイテムを断捨離することと高額商品をバンバン購入させることでわれわれのストレス発散にも寄与するという、たいへんにwin-winな企画です。

 

※あくまで相互に強力な信頼関係のもとで成立している企画です。むやみに、誰彼かまわずやってしまうと、シンプルに嫌われますのでご注意ください。

 

前回は冬の勝負服一式を揃えた、言うなれば買い物冬の陣でした。冬の一戦だけで全てが終わるあろうはずもなく、夏の陣もいざ開戦です。

 

夏の陣開戦

 

メンバー集合

 

今回の目的は「財布」。30代中盤に差し掛かり、戦国時代ならすでに死んでいてもおかしくない年齢ということで、大人の色香が漂う今日この頃。手に持つ小物へもこだわりたいということで、その要望に応えていきたいと思います。

 

とは言いましても、ぼく自身もブランド事情、オシャレ事情にはとんと疎い。ですので、無論強力な助っ人をお呼びしております。この方です。

 

 

「匠」「おうちソムリエ」でおなじみの青木くんです。久しぶりの登場。

 

画質が暗いのか、青木くんが焼けすぎなのか判然としませんが、あとは主役の櫻井くんを待つのみ。

 

約束の13時にきっかり登場。

 

 

めちゃくちゃ笑顔いっぱい。

 

久しぶりの登場ですが、あいかわらずのパッチワークシャツで我々の度肝を抜いてきます。冬の陣であれだけ言って、あらかた捨てたにも関わらずダサアイテムがまだ残っていたようです。しかもよくわからんカバンまで。

 

しかしまあこれはこれで改造のしがいがある出で立ちですので、ある意味空気読んでくれてるなと、意欲を掻き立てられましたね。この出で立ちから我々は密かに、今回の買い物が財布だけに留まることは難しいと決心したことは言うまでもありません。

 

櫻井くん本人は、10万円前後の財布だけで予算ギリギリであると、危険を察知したのか予防線を張ってきましたが、その辺りは黙殺しておきました。

 

 

メンズ館で財布と

 

現状の把握が大事であることは冬の陣で経験しておりますから、まずは今使っている財布を見せてもらいましょう。

 

ワニ皮だそうで、本人は非常に使い勝手がよく気に入っているようです。

 

 

二つ折なんですね。開いてみます。

 

 

ワニの成れの果てと言いますか、ワニもここまで使い込んでくれたら本望じゃないかと思えるほどに使い込まれた一品です。ダサいダサくないの前にボロいが正しいですね。

 

てことで、早速メンズ館にある目ぼしいブランド店をいくつかハシゴし、各店で複数のアイテムを物色します。最終的には櫻井くんがいたく気に入っていたBOTTEGAの黒長財布を購入することに。

 

店員さん曰く、かなり人気のアイテムらしく日本へ入荷したのもつい最近でナイスタイミングだったとのことです。

 

 

97,200円のお買い上げ。カッコいいですね。

 

購入に到るまでのプロセスをえらくはしょってますが、「色んなブランドで財布を吟味していた」くらいしか書くことがないのでご了承ください。

 

せっかく買いましたので、早速中身も入れ替えます。わけのわからんポイントカードや、きったない診察券なども出てきて、財布の中身までダサいとは恐れ入ったという感じでしたが、非常に満足気でしたので良かったなと思います。

 

しかし古い財布は捨てるのかと思いきや、なぜかBOTTEGAの箱と袋に入れてもらっていました。

 

 

 

ブランドイメージが損なわれないか心配です。

 

ちなみに余談ですが、メンズ館での買い物ですので、Sポイントカードのポイントが貯まるのですが、櫻井くんが持っていなかったため、会計時にしれっとぼくのカードでポイントを貯めてもらったところ、一瞬で2400ポイントも貯まったので、笑っちゃいました。

 

 

で、カッコいい財布を購入し満足気な櫻井くんですが、我々には気がかりなことがひとつ。

 

それは、、、

 

せっかくのBOTTEGAの財布を入れるカバンが致命的にダサい、ということ。これですね。

 

 

余りにもダサいと言われすぎて、感覚がバグっていたのか、金銭感覚がマヒしてしまったのかわかりませんが、新たにカバンを買う提案にもあっさり同意する櫻井くん。シンプルで上品な感じのクラッチバッグを手頃な価格でないか物色します。

 

すると、タケオキクチでちょうど良いものを見つけたので、すぐに購入。8,640円のお買い上げ。

 

ここでもぼくのSポイントカードが火を吹き、300ポイントほどGET。1時間弱で何もせずに2700ポイント得てしまいました。

 

 

カバンも早速使うので前のカバンを袋に入れてもらいます。財布同様、捨てて貰えばいいのにと進言しましたが、なぜか頑なに持ち帰ろうとします。ゴミなのにねぇ。

 

 

 

シュッとしましたね。シャツがアレなんでアレですけど。

 

なんばへ移動

 

続いては、なんばへ。

 

と言いますのも、実は7月にも一緒に買い物に付き合っており、その時櫻井くんは人生初のオーダースーツを作っていました。それがどうやら出来上がったようなので、取りに行くことに。

 

ちなみに、2着で129,700円。

 

2ヶ月連続で10万越えのお買い物をしたことになります。男気溢れる気持ちのいい買い物っぷり。

 

 

お店に向かう道中、梅田ですでに何件もショップをハシゴしていた我々は猛烈に喉が乾いていました。何か飲もうかという話になった途端に、青木くんが「タピオカを飲みたい」と言い出しまして、なんばにある行列必至の人気店に行くことに。

 

ちなみに、川渕、櫻井くんはタピオカを人生で1回飲んだか飲んでないかくらいの初心者なのですが、青木くんは割と飲んでいるようです。

 

そんな彼の一番のオススメのタピオカはどこなのかと聞いたところ、「業務スーパーのタピオカが一番美味い」と言っていたので、じゃあ並ばんでええやんと思いましたがグッと堪えました。ともかく自宅でも作って飲むくらいに筋金入りのようです。

 

歩いていると、ありました。こちらですね。確かにいつもすごい行列だなと思っていたお店です。

 

 

生タピオカとありますが、ふつうのものと何が違うんでしょうか。

 

我々が行った時にも売り切れの品が出るなどの盛況っぷり。行列もこんな感じ。

 

 

普段でしたら並ぶのは手持ち無沙汰になるので嫌いなのですが、3人で6文字以上縛りのしりとりで盛り上がったので、意外とすんなりレジまでたどり着けました。

 

各々お好みの品をチョイスし、櫻井くんのインスタ用に並べてあげます。

 

 

目をつむっていたのですが、撮りなおすのが面倒だったのでそのままにしておきました。

 

肝心の味ですが、美味しかったです。生ではないタピオカを食べたことがないので、生タピオカならではの違いに関しては皆目見当がつかないままですが、今年のタピ活はこれにて終了の予定ですので、わからないまま来年を迎えたいと思います。

 

スーツだけで満足するわけない

 

で、スーツを受け取りに。試着もしていたようなのですが、ぼくと青木くんはタピオカのコップを捨てるためのゴミ箱探しに奔走していたため、櫻井くんが着たところを残念ながら見れていません。

 

まあここで中途半端に載せるよりも、本人が実際に着ているところを直接見ていただいた方がいいかと思いますので、このブログを見た方で櫻井くんにお会いされた方は、すかさず声をかけてあげてもらえますと幸いです。

 

受け取りのサインをしているところには間に合いまして、サイズ感は問題なかったという報告を受けた我々は一様に安堵しつつも、同時に不安も持っていました。

 

スーツはカッコよくてもシャツはどうなんだ問題です。

 

と言いますのも、数年前の夏、会社にショッキングイエローの半袖シャツを着て出社し周りがザワついたという実績を持っており、しかもそれが聞くところによればショッキングピンク、グリーンの3点セットだったというではありませんか。

 

放っておくと、そんな意味不明なシャツを着てしまいかねないので、隣にある鎌倉シャツをゴリ押しし、半ば強制的に試着をさせてみたところ、気に入ってくれたようで1枚お買い上げさせることに成功しました。

 

鎌倉シャツは個人的にも非常に好きなブランドですので、まじでオススメです。白シャツ7,452円

 

 

ここまでで、通常ならばSTOPの札がドカっと置かれることでしょうが、スーツ、シャツとくれば、ビジネスバッグも必要でしょう。

 

とはいえ、さすがに今日だけでもすでに10万を超えている中で、これ以上の出費を渋る櫻井くん。すでに持っているビジネスバッグが如何にボロボロで、スーツに合ってない、ということを力説するも中々首を縦に振りません。

 

万事休すか、と思われましたが、ふと「10月から増税するぞ」という言葉を発したところ、この日一番心に響いたらしく、それなら今のうちに買っておいた方が得だよねと、悪徳業者に騙されるカモのようでしたが足取り軽く高島屋へ。

 

そこでポーターのシンプルな黒いビジネスバッグを購入。55,620円

 

調子に乗って、ビジネス用の革靴はどうするのか、と問題提起してみましたがこれ以上はマジでムリでした。

 

今回の夏の陣で、スーツ、シャツ、財布、クラッチバッグ、ビジネスバッグを購入し、総額は298,612円。惜しくも30万円の大台には届かず。やはり昨日の自分を超えていってもらいので、次回に期待ですね。

 

ちなみに言っておきますと、前回の冬の陣と、それ以外の細々としたお買い物も含めると合計で50万くらいを、この半年で使っている計算になり、さすがにそれを知った時は手足が痺れましたが、自分が払うわけではないので安心しました。

 

 

最終的にはいつも通りのこの笑顔。

 

次回の冬の陣もどうぞご期待ください。

 

ほなまた。

 

前の記事

夏といえば花火っすよね

2019.06.07

 

~綾部弁の綾もんLINEスタンプ好評発売中~  

http://line.me/S/sticker/1275824

 

~綾もんTシャツ好評発売中~  

ご注文はコチラから  

コメントを残す