夏休み特別企画①~自由研究篇~ 30のおっさんが1ヶ月間真剣にハイパーヨーヨーに取り組んだらどうなるのか、やってみた。

どうもどうも、川渕です。

梅雨が明けたと思ってたら、7月も終わりそうですね。

綾部市が誇る夏の風物詩「あやべ水無月まつり」も終わり、もうすぐお盆です。

社会人の方々なんかは「もうすぐ夏休みだ!」ってことで予定もたてつつ、

楽しみにされてる方も多いんじゃないでしょうかね。

•••••しかしですよ。

子供のとき、学生のときって、

この1年で最もクソ暑い8月は丸々お休みでしたよね。

衝撃的な休みの長さです。

今思うと、長い時間だけに結構暇を持て余していた気がします。

そりゃもちろん、○○行きたい、とか、○○欲しいな、とか、

子供心にもやりたいこと、欲しいものの希望はあったんです。

しかし、いかんせん経済力が無かった。
(小・中時代は週刊少年ジャンプとお菓子の買い食いで小遣い消えてましたし、
高校時代は人と話すのにめちゃ緊張したので、バイトをするという発想も乏しかったです。)

よく言いますよね。

学生時代は時間はあるが、お金がない。
社会人はお金があるが、時間がない。なんて。

いや、まあコレ完全な言い訳だと思いますけど。。

とはいえ、子供の時より多少は経済力がついたことは事実なわけです。

で、もうすぐ夏休みで時間もあるし、それなら子供時代に実現出来なかったことを、

夏休みという最高のタイミングで実現してやろう!
というのが今回の企画の主旨です。

で、今回がまず1発目。

 

事前に綾もんメンバーに聞いてみました。

 

「子供の時にやりたかったけど、出来なかったことってある?」


 

すると、勝手に親善大使の塩見からの意見が。コチラです。

 

「ハイパーヨーヨーがやりたくて欲しかったけど、人気すぎて手に入らなかった。」

おお、ハイパーヨーヨー。

なんとも懐かしい響き。

皆さんご存知ですか?

こんなのです↓↓

一見ただの派手なヨーヨーなのですが、
こいつを使ってアクロバティックな技を決めてイキっていた小中学生が当時どれほどいたことか。

綾もんメンバーは30歳の同級生の集まりなんですが、僕らが小学校高学年くらいの時でしょうか。

それはもう爆裂的に流行ってました。

最寄りのおもちゃ屋に駆け込んでも、どこもかしこも品切れ。

町ではおもちゃ屋さん主催のヨーヨー大会が催されたりと、それはもう熱狂の渦でした。

そんなハイパーヨーヨーを当時の塩見は残念ながら手に入れることができなかったんです。

そして月日は流れ、彼も31年目の夏を迎えました。

あの時のヨーヨーへのアツい想いをこのまま胸にしまいこんだままでいいのか。

否、それはできない。

しかし、この歳になって今更ヨーヨーなんて。

とかいう葛藤があったかどうかは知りませんが、せっかくの機会ですから塩見の夢を叶えてあげましょう。

ヨーヨー代は自腹ですけど。

しかし、ただ単純にヨーヨーをやっても面白くないので、

「30歳のおっさんが、ハイパーヨーヨーに1ヶ月間真剣に取り組んだらどれくらい上手くなるのか」

と題し、夏休みの自由研究のテーマにしようと思います。

夏休みの宿題に困っているお子様方には朗報ですね。

近日中に、まずはヨーヨーを手に入れる予定です。

レベルの指標を測るためにいくつかクリアしてもらう技なんかも指定しなければならないので、そこらあたりを含めて、続きはまた次回。

ほなまた。

~綾もんLINEスタンプ好評発売中~

http://line.me/S/sticker/1275824

ミニ23

~綾もんTシャツ好評発売中~  

ご注文はコチラから  

 

コメントを残す