スポーツの秋。メデシングの秋。

すっかり涼しくなり、過ごしやすい日が続いております。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

勝手に親善大使の塩見です。

 

秋と言えば、「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」と、何をするにも持ってこいの季節です。スポーツの秋といえば、この時期、体育祭や運動会がここ綾部でもあちらこちらで催されています。

そこで過日、知人らの井戸端会議的な場所で話題になったのが「メデシングボール」についてです。

綾部の皆さんなら、おそらく見たり聞いたり参加したりしたことがあろう「メデシングボール」。運動会のプログラムに必ずと言っていいほど組み込まれている競技です。略して「メデシング」とも呼ばれています。

 

「メデシングとは?」

 

当然のごとく存在している競技だと思っていたのですが、その井戸端会議において、綾部に移り住まれた方々から「メデシング?何?」「メデシングボールってどんな競技?」と言われ、愕然としました。

大阪や和歌山、名古屋や鹿児島、四国出身の方々も知らないばかりか、どうやら隣町の舞鶴市の方も、その存在を知らないという衝撃の事実。

実はローカルな競技なのか。

実は綾部あるあるなのか。

軽いショックを受けつつ、かえって私の「メデシング愛」が燃え上がってしまったので、今回はメデシングボールについて語ってみます。

 

※後日、お近くの福知山市や美山町でも、メデシングボールを知っているよとの情報をいただきました。

 

私の知っている限り、メデシングボールは、運動会の中でも、地区対抗競技であったり、PTAの参加競技でおこなわれることが多いのですが、リレーや綱引きのような花形競技ではないにもかかわらず、必ずといっていいほど運動会のプログラムにエントリーしています。

そして、純粋な足の速さや、腕っぷしの強さがなくとも、チームワークひとつで上位に食い込むこのできる、地味だが軽視してはいけない競技です。

 

そもそもメデシングボールを知らない方に、自作のイラストでこの競技を解説したいと思います。

このように縦一列になり、前の人から後ろの人に向けてボールを送ります。

 

その際、ボールを送るやり方がターンによって変わります。(変わらないルールもあります)

人「上!」 人「上!上!」 人「上~!上!上!」  以下同じ。

 

人「下~!」 人「下!下!」 人「下!」  以下同じ。

 

そして、ボールを受け取った最後尾の人が、コーンポストに向かって、、、

ダッシュ!!

 

以上の繰り返しを全員がおこない、最後のランナーが早く帰ってきたチームが1位ということになります。

この競技、なんといっても上と下にボールを送るときスムーズなボール送りができるかどうかで、チームの明暗が分かれます。

実に奥深い。

 

しかし、ここまで私たちを熱くするメデシングが、なぜにこの地に根付いたのか。

そもそもメデシングボールって何なのか。

ヒントを求め、インターネットで調べてみました。

どうやら、「メディシングボール」というのが原型のようで、筋肉トレーニング用の「メディシングボール」というボールが存在することが分かりました。

そいて、「メディシングボール」という競技も確かに存在し、別名「順送球」とも呼ばれているようです。

また、我々(私)が「メデシング(ボール)」と呼んでいるこの競技も、地域によって、「メディシンボール」「メデシンボール」等、「グ」を入れたり入れなかったり、「ディ」を「デ」と読んだり異なるようです。統一性のないことこの上ない。

インターネット上ではどうやら静岡県のローカル競技ではないかと、静岡県民のみなさんは騒いでいますが、なぜ綾部の地でもここまで根付いたのかは、よく分かりません。

いつ頃、誰が、この地でメデシングボールを普及させたのかすごく気になるのですが、分かりません。

調べる術がないので、賢明な綾もん読者のみなさん、教えてください。

年配者にもたずねてみましたが、どうやら気づいたら運動会にメデシングは浸透していたようなのです。

今までそれを誰も疑わずに、のうのうとメデシングに興じていたと思うと歯がゆい思いです。

メデシングの呪縛から私を解放してください。

このままでは夜も眠れません。

皆様からの情報、お待ちしています。

 

綾もん、塩見

 

~綾もんLINEスタンプ好評発売中~
http://line.me/S/sticker/1275824

~綾もんTシャツ好評発売中~  

ご注文はコチラから  

 

 

 

コメントを残す