ubereats配達員編 Vol.4   1ヶ月やってみたまとめ

 

どうもどうも川渕です。

 

さあ、ついに久々のチャレンジ企画である「ubereats配達員編」が終了しました。8月24日から9月22日までの30日間で、どれだけ稼ぐことができたのか、どれだけの配達数をクリアできたのか

 

その結果をご報告したいと思います。

 

すでに9月22日から1週間以上経過しておりますが、ブログの更新が遅れてしまったことは、ただただ怠惰であったというほか、特に言い訳は思いつきませんのでよろしくお願いします。

 

まとめ記事ですので、各週の結果と1ヶ月やってみて感じたメリットなど、簡単な総括もお届けします。

 

 

1週間ごとの結果発表

 

まあ、先に言っておきますとですね。最終週は散々たる結果に終わっておりまして。

 

理由としては、「稼働日が少なくなってしまった」「後半戦はシンプルに飽きた」という、大変わかりやすいものです。

 

以下の表が、各週の数字でございます。ご覧あれ。

 

 

最終週は時間効率も過去最低を更新し、非常になんともいえない結果に終わってしまっております。配達数に関しても200をクリアすることができずじまい。

 

前半戦の勢いを考えると配達数200のクリアは容易かなと予想していましたが、ところがどっこい、日が経つにつれて、すり減る体力、失われていくuber配達への興味と新鮮味に抗う術はなく、なかなか数を伸ばせませんでした。

 

あとは、遠距離配達(後半は特に天六あたりから東淀川区、上新庄とか柴島あたり。片道4キロ前後、遠いっちゅーに。)が多くなり、数を稼げなかったことも多々ありました。

 

 

1ヶ月やってみて

 

いろんな気づきもあったりなかったりですが、とりあえず配送業者さんへの感謝が大きく芽生えたというのが一番大きな変化というか気づきではないでしょうか。

 

彼ら彼女らは、雨の日も風の日も、いるかどうかわからないところに重たいものも運んだりするわけですから、マジですげぇなとリスペクトしている次第です。

 

もともと極力お礼は言うようにしてきたつもりですが、今後もしっかり続けていきたいなと思います。

 

まあともかく、何事もやってみないとわからないことが多かったなー、という至極真っ当な感想に終始してしまいそうで大変恐縮ではあるのですが、これまで存在すら知らなかった道や町、お店も知ることができました。

 

あとこれ実際にやってもらったらすごい共感して頂けると思うのですが、商品取りに行ったお店で笑顔で、「行ってらっしゃい」「お願いします!」みたいな感じで渡されるとテンション上がりますし、運んだ先でも「ありがとうございます」と受け取ってもらえると、割と満たされると言いますかね。

 

面と向かって言われると、やはり良いもんだなと。だからこそ、自分が逆の立場になった時はしっかりお礼を言うべきだなと改めて感じ入りましたね。

 

副業としてオススメできる?

 

副業が解禁されたなんてニュースも最近よく聞くようになりましたし、参入ハードルが低い分、空き時間にウーバーやる人はかなり増えてきてると思います。

 

個人差はありますが副業をするにあたり、時間的な自由度と、稼げるか否かがポイントになってくるのではないでしょうか。

 

それぞれに関して、川渕的採点を繰り広げたいと思います。

 

・時間的自由度 ★★★★★

 

朝9時〜深夜1時と、決まってはいますが、その時間内であれば好きな時に始められて、辞められるわけですから、自由度は高いと言えるんじゃないでしょうか。

 

配達自体は遅すぎると迷惑かかっちゃいますが、遅刻もないですしね。

 

・稼げるかどうか ★★☆☆☆

 

これに関しては、どれだけ稼ぎたいのかの目標が個々人によって異なってきますので、評価しづらい部分はあります。が、まあ一般的なバイトに比べると、そこまで悪くはないかなと。

 

今回の4週間でも時給換算したら平均で1,164円と、最低限の1,000円越えは果たせました。このあたりは、ピークタイムに繁忙エリアに集中して、かつクエストもうまくクリアするようにすれば、より時給効率を改善できるとは思います。

 

ただし、給与が保証されているわけではないですし、配達が全く入らないことも多々あります。それに交通事故のリスクもゼロではないうえに、シンプルに体力勝負なところもありますので、総合的に見ると星2つってところかなと。

 

ともかく小難しくなく単純な仕事で1ヶ月に2〜5万くらい稼ぎたい、って方には大変オススメです。

 

向いてる人、向いてない人

 

単純作業の繰り返しなので、黙々と続けられる、チャリンコを漕ぎ続けることが苦にならない方などは、まさしくピッタリです。まあそれに関してはこのブログ読まなくてもわかるわクソがって話だと思います。

 

それ以外に関してなんですが、正直とくに思い浮かばないので、興味があって、とにかくやってみて合うなら続けたらいいんじゃないすか?って感じです。

 

スマホとチャリあれば出来ちゃいますからね。

 

ただしくれぐれもですが、無灯火運転や片手にスマホ持ちながら運転とはやめてくださいね。たまーに見かけますが、非常に危険ですし、イメージダウンにも繋がりますので。事故ったらシャレになりませんので。

 

こういったスマホホルダーが安くあるので使いましょう。

 

 

 

メリット・デメリット

 

メリットに関しては、前述した通り好きな時間に好きなだけ働けるってところでしょうか。あとは、チャリンコ漕ぎ続けるので、軽めの運動にはなりますかね。ハムストリングスあたりに刺激を与えたい人なんかには最適ですね。

 

デメリットは、収入が確実ではないところが挙げられるでしょうか。とは言えピークタイムや繁忙エリアを外さない限り、リクエストが全く入らないということはそこまで無いかなと。

 

どうしても入らないなーなんて日は、思いっきってその日はやめるっていう損切りをしても良いかなと思いますし。

 

あとは、事故のリスクがゼロでは無いというところでしょうか。これに関してはプライベートでのチャリンコであってもありえますけどね。

 

実際、先日とあるエリアの車道の端っこを走っていたのですが、めちゃくちゃ空いてる二車線だったにも関わらず、わざわざぼくがいる側に猛スピードで車線変更してきて、かつ怒りの咆哮のようなクラクションを鳴らしながら幅寄せしてくるワゴン車に横ギリギリを走られ、マジでビビりました。

 

テレビで聞くような危険運転をする奴がリアルにいるんだなと。ウーバー関係なしに、みなさま日頃からお気をつけください。

 

とまあちょっと怖い思いもしてしまいましたが、基本的にはプレッシャーを感じることなく、楽にできる仕事ではありますので気分転換がてらお小遣い稼ぎしたいなーという方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

その際は紹介コードなんかもお伝えできて、お互い良いこと起こりますので、ぜひお声がけください。

 

さて、次回のチャレンジ企画はまだ特に決めてないので、こちらもゆるく展開していきます。

 

ほなまた。

 

前の記事

ubereats配達員編 Vol.3 どれだけの距離を走っているのか計算したら予想の斜め上だった

2019.09.19

 

~綾部弁の綾もんLINEスタンプ好評発売中~  

http://line.me/S/sticker/1275824

 

~綾もんTシャツ好評発売中~  

ご注文はコチラから  

コメントを残す